うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

季節のイベント

京都祇園祭の由来とは?夏に行われる理由とは?

投稿日:

夏祭り

夏といえばお祭りですね。

日本3大祭のといえば、

京都の祇園祭(ぎおんまつり)、

大阪の天神祭(てんじんまつり)、

もう一つは、地方により色々言われていますが、
東京の神田祭(かんだまつり)や、青森のねぶた祭りが有名です。

それぞれのお祭りが何のために行われているのか
気になって色々と調べてみました!

この記事では、京都の祇園祭の由来や
夏に行う理由について紹介していきます。

スポンサーリンク
  

京都祇園祭の行われるようになった由来は?

お祭りは何かしらの神様を祀っているのですが、
色々な神様が存在しています。

土地の樹々や岩の神様
雨の恵みを与えてくれる神様
災厄を鎮めてくれる神様

土地の神様はパワースポットなどを
祀っているのですが、

他の神様は、白いアルビノの動物を
神様の使いとして祀っていたり

神仏習合の影響で、死後に仏様となって護ってもらおうと
有名な人物を祀りあげたりと様々です。

【京都の祇園祭は何を祀っている?】

昔の時代、疫病は
恨みを現世に残したまま亡くなってしまった人々の
怨念や祟りが怨霊となったものと考えられていました。

多くの人が次々に将来の夢を断たれていくため
怨念が道連れにしようとしていると思ったのでしょう。

そこで、災厄を祓うために、
神様に祈りを捧げる儀式として
花笠や山鉾を出して街を練り歩いた
そうです。

これを率いていた牛頭天王が亡くなったのち、
牛頭天王を神様として祀るようになりました。

そして、牛頭天王をお祀りし同じように市内を練り歩き、
無病息災を祈るお祭りをするようになりました。

これが、京都祇園祭の由来です。

京都祇園祭が夏に行われる理由とは?

京都の祇園祭は7月の間中、
1ヶ月間にわたり行われます。

準備期間を含めると、
さらに長い期間、お祭りに費やすみたいです。

この章では、この大規模な祇園祭が
「なぜ夏に行われるのか?」を考えていきましょう。

昔の京都は、教科書にも出てくる平安京のことですね。

平安京は内陸の湿地で、夏には高温多湿になります。
そのため、病原菌が増殖し疫病や食中毒により
多くの人々が亡くなりました。

スポンサーリンク

さらに、平安京だけが発展しているので人口が集中して
感染者の増加に拍車をかけたようです。

これらの病気は夏に猛威を振るうため、
お祭りは夏に行われるようになりました。

「食中毒がそんなに恐ろしい?」と
今の時代では不思議に思う人もいることでしょう。

当時は食中毒の種類や特効薬もなかったため
食中毒になったらかなりの苦しみを味わったのです。

それだけではなく、

京都の急激な発展に、水道などの規制が追いつかず、
上下水道の不備があったことと、

外国から渡ってきた人々が持ち込んだ
感染症などが広まってしまったことにより、

マラリア、天然痘、インフルエンザ、赤痢、麻疹と
様々な病気が広まってしまったようです。

どの病気も特効薬のない状況だと、
生命に関わるものであったり、
見た目に大きく影響するものです。

当時は、発症してしまったら死んでしまう
恐ろしい病として考えられていました。

食中毒にかかり体力が低下すると、
様々な病気にかかりやすくなってしまうため

こちらも合わせて恐れられていたのでしょう。

祇園祭が現在も人々に親しまれている理由とは?

時代が経って医療技術が発展した現在でも
祇園祭は多くの人々に親しまれています。

最後の章では、
なぜ祇園祭が大勢の方々から親しまれ続れているのか?
について考えていきましょう。

祇園祭は怨霊を鎮める為だけではなく、
怨霊が悪さをしないようになだめる目的がありました。

そのため「邪気退散」と祓うのではなく、
どこか優しい雰囲気のお祭りになりました。

その祭り囃子の音楽や踊りが、多くの人々に楽しまれ、
現在になっても続いているのでしょう。

さらに、平安京の立地も
人々が集まる活気のある土地であるため

もともとは、人を元気にさせる
パワースポット
だったのでしょう。

多くの人が集まり過ぎたことで、
疫病が流行ってしまったり、

弱気になった多くの人々の影響が、
パワースポットの力を上回り災厄が起きたりと、

多くの苦難はあれど、

病気の予防や対処法が広まるにつれ、
土地の良い影響が効果を発揮して

現在も京都には多くの人が住んでいたり、
大勢の旅行客が訪れたりします。

このように良い影響のある土地なので、

お祭りで集まった多くの人々も、
ストレスが緩和されたりと良い体験をします。

そのため、祇園祭の人気は絶えることがなく
今でも大勢の人々から親しまれているのでしょう。

パワースポットについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
『過去記事』
パワースポットの相性の調べ方。大人が忘れている方法とは?

まとめ

京都の祇園祭の由来は、
疫病を引き起こす怨霊を鎮めて無病息災を祈るためです。

特に疫病の被害が出るのが夏なので、
祇園祭は夏に行われるようになりました。

祇園祭は、優しい祭り囃子や、土地の良い影響により、
現在もなお多くの人々に親しまれています。

人が集まって盛り上がることで
邪気を払う効力があると言われていますが、

祇園祭は払うというよりも鎮めるというお祭りのようです。

鎮めなだめるというのが、
昔の優しい日本人を象徴しているようで良いですね。

スポンサーリンク

-季節のイベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

盆踊り 写真AC

浴衣で汗をかかないための対策とは?下着を着ないのは昔の話です!

スポンサーリンク 夏のお祭りや花火大会、旅館の宿泊などで 浴衣を着る機会があります。 せっかくの浴衣ですが、 夏の暑さによりどうしても汗をかいてしまいます。 普段の服とは違うため、 汗の対処に悩む人も …

土用の丑の日にはうなぎの由来とは?夏バテに良い理由は?

スポンサーリンク 2017年の土用の丑の日は 7月25日(火)と8月6日(日)の2回です。 ちなみに1回目を「一の丑」、2回目を「二の丑」と言います。 「土用の丑の日には鰻を食べると良い」 と昔から言 …

お月見団子 写真AC APSさん

秋に月見をする理由、なぜ春ではないのか?団子が丸くないのは?

スポンサーリンク 秋の夜長といえば「お月見」ですね。 しかし、もともと1ヶ月というのは月の満ち欠けで数えていて、1年のうちに満月は10回以上あるワケです。 ということは、秋だけではなく、他の季節にも満 …

大阪の天神祭の由来とは?花火やギャル神輿がある理由とは?

スポンサーリンク 夏といえばお祭りや花火ですね。 日本3大祭りのといえば、 京都の祇園祭(ぎおんまつり)、大阪の天神祭(てんじんまつり)、 もう一つは、聞いた場所により様々で、 東京の神田祭や、青森の …

土用の丑の日に夏バテ予防になる、うなぎ以外の食べ物は?

スポンサーリンク 2017年の土用の丑の日は 7月25日(火)と8月6日(日)の2回です。 しかし最近では、美味しいうなぎは、とても高価で、 2回も食べていたら食費がえらいことになってしまいますね(笑 …