うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

季節のイベント

七夕の由来とは?名前や願い事をするワケを紹介します。

投稿日:

七夕飾りと笹竹

「どうして七夕にお願い事をするの?」

とある生徒が私に聞いてきた質問です。

咄嗟に聞かれると困ってしまいますよね(笑)

その時は「織姫様の星と彦星様の星が7月7日に会えるから、
晴れると願い事を叶えてくれるんじゃないかな?」と

適当なことを言ってしまいました。

ふと思い出して調べて見たので、
皆様にも紹介しておこうと思います。

スポンサーリンク
  

七夕の由来とは?中国が起源というのは本当?

七夕にお願い事をしたり、お祭りするのは
中国の「七夕節」が起源になっているようです。
ちなみに、「チーシージエ」と読みます。

古い文献に7月7日にお祝いしている
ということが記されているみたいです。

7月7日に節句があるのですが、
ちょうどその日に織姫の星と彦星の星が近づくことから
良縁を祈るようにもなったようです。

【節句について】

節句というのは、中国の五行陰陽を元に、
1、3、5、7、9の5つの数字には特別な力があると考えて

1月1日のように、数字が並ぶ日には七草粥など
季節の食べ物を食したりお祭りをするようになりました。

 人日(じんじつ)の節句  1月1日
 上巳(じょうし)の節句  3月3日
 端午(たんご)の節句   5月5日
 七夕(しちせき)の節句  7月7日
 重陽(ちょうよう)の節句 9月9日

7月7日には素麺(そうめん)を食べるのですが、
糸に似ていることから「裁縫の上達」を祈るようになりました。

【織姫と彦星の伝説】

琴座のベガと呼ばれる、織女(しゅくじょ)星が織姫の星です。
鷲座のアルタイルと呼ばれる、牽牛(けんぎゅう)星が彦星の星です。

織姫は裁縫にゆかりがあるとされ、
はた織りや縫製の上達をお祈りするようになりました。

彦星は農業の仕事を司るとされ、
豊作祈願をお祈りするようになりました。

昔の中国では、女性は結婚をして、
夫に従い子を教えるのが一般的でした。

織姫と彦星が7月7日に会えるという伝説を信じ、

少女たちは「裁縫が上達して、良い夫に恵まれるように」と、
7月7日の七夕節に、織姫をお祀りをするようになりました。

【中国の七夕、乞巧奠】

7月7日に織姫をお祀りして、
細やかな心と器用な手先を得て、良縁が来るように祈ることを

スポンサーリンク

乞巧奠(きこうでん)と言います。

女性たちは彩楼という飾り付けた小屋を作り、
5行陰陽にちなんで5色の糸を飾りつけます。

この乞巧奠が日本に伝わったのが、
七夕にお願い事をする由来のようです。

さらに、この5色の糸飾りが、
日本の七夕の短冊飾りの由来みたいです。

日本の七夕の由来とは?願い事をする理由とは?

先ほどの章で、

 願い事をする理由
 七夕に短冊を飾る理由

がわかりましたが、
いくつか疑問が残ると思います。

・七夕を「たなばた」と読む理由
・笹竹を飾り付けて願い事をする理由

この章では、日本の七夕の由来を紹介するとともに、
この2つの疑問を解決していきましょう。

【日本の七夕の由来】

日本で七夕をお祭りするようになった由来は
お盆にあると言われています。

7月7日の七夕の節句に、お盆を迎えるための準備として
着物を織り棚にお供えして、神様をお迎えし、
秋の豊作祈願や人々の汚れを祓うのです。

この儀式を「棚機(たなばた)」と呼びます。

【七夕を「たなばた」と読む理由】

7月7日の七夕(しちせき)の節句や、
織姫と彦星が近づく「織姫と彦星の伝説」に由来する乞巧奠が、

同じく7月7日に行われる棚機(たなばた)の儀式と混同され、
七夕を「たなばた」とも読むようになりました。

【笹竹を飾り付けて願い事をする理由】

「お盆」は仏様が人間界へと帰ってくるとされる仏教の儀式です。

仏教では、笹竹は根強く、繁殖力も強く、温度変化にも強く、
しなやかで硬さもあり、神聖なものや縁起の良いものと考えられていました。

そのため、仏教を布教したお寺の周りには、
神聖な笹竹が植えられています。

笹竹の葉が擦れ合う音が、
神様をお招きするとも考えられていて、

棚機の儀式の際にも、
お盆に仏様が帰って来て下さるように笹竹を飾ったのでしょう。

神仏習合のように色々なものを混同していった時代に、
中国の乞巧奠の飾り付けも取り入れられて

笹竹に5色の短冊や様々な装飾を施すようになりました。

これは私の予想ですが、

乞巧奠の「裁縫が上達しますように」という
願いが叶うように飾り付けを行うことを真似て、

棚機の「仏様が帰って来てくれますように」という
祈りが届くように、笹竹を飾り付けたのだと思います。

これらの習慣が、
時代が経つにつれて「大願成就」となり

いつの間にか自由に「お願い事」を
するようになっていきました。

裁縫に関係のある織姫様も、
お盆でお招きされている仏様も、
自由にお願いをされて困っているかもしれませんね(笑)

まとめ

七夕の由来は

 中国の七夕(しちせき)の節句
 日本はお盆の準備である棚機(たなばた)の儀式

どちらも、織姫と彦星の伝説をあてがい
お願い事をするようになりました。

同じ星を見て、同じようにお願い事をしていると思うと、
国は違えど、時代は違えど、「私たちは同じ人間なんだなぁ」と感じますね。

スポンサーリンク

-季節のイベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

七夕飾りと笹竹

七夕の祭りが7月と8月の2種類ある理由について紹介します!

スポンサーリンク 七夕のお祭りが7月に行われる地域と8月に行われる地域があるのをご存知でしょうか? 私の住む地域では7月6、7日にお祭りをしていたので、8月にお祭りのある地域を知った時は驚きました。お …

山の暇つぶしはレジャーでする?温泉から出た時の過ごし方とは?

夏のレジャーと言えば、 海か?山か?と悩む人がいるくらい スポンサーリンク 「山と言えばレジャー」 「レジャーと言えば山」 という考え方がありますね。 いざ山に行く計画を立てて、 山奥の秘湯や、規模の …

大仏 写真AC

お盆と彼岸の違いについて、墓参りの意味も大違い?!

スポンサーリンク 夏後半から「お盆」に「お彼岸」と墓参りの行事が連続でありますよね。 「お盆でお墓参りも掃除もしたから、お彼岸は行かなくてもいいか」 なんていう話もチラホラ耳にしますね(笑)私の家も受 …

盆踊り 写真AC

浴衣で汗をかかないための対策とは?下着を着ないのは昔の話です!

スポンサーリンク 夏のお祭りや花火大会、旅館の宿泊などで 浴衣を着る機会があります。 せっかくの浴衣ですが、 夏の暑さによりどうしても汗をかいてしまいます。 普段の服とは違うため、 汗の対処に悩む人も …

京都祇園祭の由来とは?夏に行われる理由とは?

スポンサーリンク 夏といえばお祭りですね。 日本3大祭のといえば、 京都の祇園祭(ぎおんまつり)、 大阪の天神祭(てんじんまつり)、 もう一つは、地方により色々言われていますが、 東京の神田祭(かんだ …