うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

健康

夏バテの食用不振の原因は熱中症かも!?

投稿日:2017年4月19日 更新日:

夏バテするシロクマ

「夏バテで食欲がないときは、どうすれば良いですか?」

私が以前に勤めていたところで、
毎年のように寄せられていた質問です。

暑い夏になってくると、
汗をかいたり、体力を使ったりしているのに、

「なぜだか食欲がわかない」

お腹は空いているのに食べる気になれない。
症状が進行してくると、空腹感自体も無くなってしまう。
という方も、ちらほらいらっしゃいました。

これらの方には共通点があって、
少し気を付けるだけで症状が改善しました。

この記事では、そんな夏バテの原因と、
対処法や予防法について紹介していきます。

スポンサーリンク
  

夏バテの食欲不振の原因とは?

夏の暑い日を過ごしているうちに、

「疲労感が抜けないなぁ」
なんていう日が続いて

気がつくと食欲もなくなってしまい
悩んでいるうちに段々と症状が悪化していく、
という方は意外にも多いものです。

私が何人もの方から相談を受けていて、
この方達に共通していると感じた点は、

・ストレスが多かったり、疲れている
・食事が崩れている

そして、こういう人は体力が落ちているので
暑さに参ってしまいやすく、

熱中症にかかりやすいです。

というより、
この食欲不振自体が軽い熱中症です。

大抵の方は、暑くて汗を多くかくのにも関わらず、
食事での補給がきちんと行えていないのです。

汗で失う栄養素については、こちらの記事にて詳しく紹介しています。
『過去記事』
梅雨や夏に汗が止まらない原因とオススメの食べ物を紹介します。

汗で失ってしまう栄養素は、主に水溶性ビタミンとミネラルです。

特に不足してしまいやすいものと、
不足することで起こる悪影響を以下にまとめてみました。

水溶性ビタミン
 ビタミンB   食欲不振、疲労感、倦怠感、口内炎
 ビタミンC   免疫力の低下、疲れやすい
 葉酸      貧血

ミネラル
 ナトリウム  筋肉の痙攣、嘔吐、下痢
 マグネシウム 骨粗鬆症、糖尿病、心疾患
 カリウム   血圧の上昇
 カルシウム  骨粗鬆症、イライラしやすくなる
 鉄      貧血、疲れやすくなる
 亜鉛     味覚障害、免疫力の低下

過去記事でも紹介していますが、

夏バテを起こす方々は、
お腹が空いたときにお菓子を食べています。

すると、糖質や脂質しか補われないため
ビタミンやミネラルが不足

疲労感や体調の悪化を引き起こします。

普通の生活ならば、
この程度ではそこまで悪化しないのですが、

仕事や家事が忙しかったり、
ストレスによるホルモンの分泌が多いと、

消費される栄養素も多くなってしまうため
補給が追いつかないのです。

甘いものや好物ばかり食べていると、
摂取する栄養素が偏って余ってしまい、

その食べ物や、似たような食べ物を前にしても、
足りない栄養を補給できないため

食欲が湧かなくなってしまいます

そして、肝心の栄養素を補給できる食べ物は
普段あまり食べていないため、

これらの食べ物に対しても、
食わず嫌いのように食欲が湧きません。

これが、夏バテになるときに
食欲不振にも陥ってしまう原因です。

夏バテの食欲不振の治し方

夏バテの食欲不振の原因は、
栄養不足からくる熱中症です。

熱中症の治し方は何通りもあります。

時間がないときにもアドバイスを求められるため、

「うなぎや豚肉など栄養価の高いものを食べて下さい」
「こまめに水分を摂るようにして下さい」
「お腹を冷やさないようにして下さい」

といった短い回答も用意していました(笑)

大抵この方法を実践するだけで
2、3日でケロッと元気になってしまいます。

この章では、上記のアドバイスについて
詳しく紹介していきます。

栄養補給について

繰り返しになりますが、汗で失ってしまう栄養素は、
主に水溶性ビタミンとミネラルです。

スポンサーリンク

特に不足してしまいやすいものと、
不足することで起こる悪影響を以下に記します。

水溶性ビタミン
 ビタミンB   食欲不振、疲労感、倦怠感、口内炎
 ビタミンC   免疫力の低下、疲れやすい
 葉酸      貧血

ミネラル
 ナトリウム  筋肉の痙攣、嘔吐、下痢
 マグネシウム 骨粗鬆症、糖尿病、心疾患
 カリウム   血圧の上昇
 カルシウム  骨粗鬆症、イライラしやすくなる
 鉄      貧血、疲れやすくなる
 亜鉛     味覚障害、免疫力の低下

これらをバランス良く摂れる食べ物は
うなぎ、豚肉、豆類などです。

うなぎや豚肉以外で、
これらの栄養素を多く摂れる食材については

こちらの記事で詳しく紹介しています。
『過去記事』
土用の丑の日に夏バテ予防になる、うなぎ以外の食べ物は?

こういったものを食べることで、
足りない栄養素が補給されるので、
夏バテの症状が改善していきます。

水分補給について

栄養の次は水分補給についてです。

人間の体は、ただ水を取り込んでも
それだけでは吸収することができません。

塩分のようなミネラルがあって初めて、
体内に水分を補給できるのです。

こちらについては、
食事の栄養素を意識することで
ほとんど問題ない状態になるのですが、

もう一つ意識してほしいことがあります。

それは、こまめに水分を補給することです。

体から水分が少なくなると、血液がドロドロになってしまい
細い血管に新鮮な血液が送られにくくなってしまいます。

すると体の色々なところで酸欠状態になってしまうため
比較的具合が悪くなりやすいです。

オススメ方法は20分おきに1口程度、
1時間でコップ1杯程度の水分を摂る方法です。

喉が渇いている状態は、すでに水分不足になっているサインなので
喉の渇きを感じる前にこまめに水分補給を行うことが理想です。

もしも喉の渇きを感じている場合には、スポーツドリンクのような
体に素早く吸収されるタイプの飲み物が良いのですが、

夏バテになる過程で、甘いものを食べ過ぎている方には
糖質の摂り過ぎる原因にもなるため、
個人的にはあまりオススメしていません。

お腹を冷やさないようにする

暑くなってきて薄着になると、
お腹を冷やし過ぎてしまう人も多いです。

お腹が冷えると、消化吸収の能力が大幅に下がるため
せっかく栄養や水分を補給しようとしてもなかなか吸収されません。

酷い場合にはお腹を下してしまったりもします。

万全のコンディションならばともかく、
基本的にはヘソ出しファッションなどは控えるようにしましょう。

寝ているときにも布団を剥いでしまったりしやすいので、

シャツの裾をズボンの中にしまったり、
タンクトップなどをもう一枚着たりして、

お腹が冷えにくくなるようにすると良いです。

夏バテの食欲不振の予防法

夏バテの原因は主に、疲れ過ぎと食事の崩れです。
先ほどの対処法自体が予防法でもあるのです。

この章では、その他にもやっておくと良い
長期的に行っていく予防法について紹介していきます。

まずは「筋トレ」です。

筋肉中には水分が蓄えられています。

筋肉が少なく体水分量が少ない人は、
軽く汗をかいただけでバテてしまいます。

普段から筋肉量を増やすようにしていると、
多少汗をかいても余裕があるためバテにくくなります。

ただし、筋トレや筋肉の修復自体に、多くの栄養を使うため、
夏バテ気味のときには無理は禁物ですよ(笑)

もう一つは「体温調節」についてです。

エアコンの効き過ぎた部屋に慣れてしまうと、
外に出たときにとても暑く感じますよね。

これは気のせいではなくて、

部屋の出入りを繰り返すだけで、
部屋の外と中との気温差に適応しようと、

体は体温を上げようと熱を生み出したり、
体温を冷まそうと汗をかいたり、

何度も何度も繰り返すため
大量の栄養を消費してしまいます。

エアコンの温度は、外の温度マイナス
5〜7度くらいまでにとどめておいた方が良いでしょう。

まとめ

夏バテの食欲不振の原因は、
主に栄養素の偏りからくる熱中症です。

水分を補うだけではなく、
不足した栄養素を補うように意識しましょう。

オススメの食べ物は、
うなぎ、豚肉、豆類、しじみなどです。

他にも、バランスよく栄養が取れて、
夏バテの時にも食べやすい「うどん」もオススメです。

そして、吸収がしっかりできるように
お腹を冷やさないように意識しましょう。

夏バテを予防して、楽しい夏を満喫しましょう!

ちなみに、梅雨の時期にも熱中症になることがあるので、
心当たりのある方は、こちらの記事も読んでみて下さいませ。
『過去記事』
梅雨の熱中症は湿度が原因?!予防と対処法について紹介します!

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

実は夏の肌も乾燥している?!原因とケアの方法は?

スポンサーリンク 日本の夏はジメジメしていて、 汗が止まらず暑苦しい日々が続くイメージです。 この湿気の多い季節に、 肌荒れになったことがある人は意外にいると思います。 「毎年、梅雨過ぎくらいに肌荒れ …

ミルクと大豆 提供:写真AC クリエイター:ガイムさん

肌も髪も爪もボロボロになる?!肌荒れを甘く見てはいけない!

スポンサーリンク 運動が大好きな人や、頑張ってダイエットしている人は経験があるかもしれませんが、運動をし過ぎて肌が荒れてしまうことがあります。 特にダイエットで食事制限をしている人は、栄養バランスにも …

梅雨の熱中症は湿度が原因?!予防と対処法について紹介します!

スポンサーリンク 梅雨のジメジメした空気は、 気温があまり高くないのににも関わらず 汗を沢山かいてしまいます。 「何だか体がだるく気持ちが悪い」 という風になることがありませんか? 実は、この症状は軽 …

タオル 提供:写真AC

乾燥肌の保湿にはオイル!オリーブオイルお風呂の効果とは?!

スポンサーリンク 寒くなるにつれて、肌の乾燥しやすくなってきます。 特に悩む方が多いのは、入浴後の乾燥ではないでしょうか? 入浴の保湿効果を長続きできれば良さそうですが、逆に痒くなってしまったりして、 …

no image

アスコルビン酸によるお風呂の塩素除去に必要な分量を紹介します。

スポンサーリンク アトピーで「かゆみ」が起きやすいタイミングの一つに入浴があります。 入浴は血液やリンパ液を洗い流したり、 荒れた肌がふやけて剥がれ落ちスベスベの肌になるだけではなく、 血行を促進して …