うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

健康

運動の秋こそ汗で失う栄養を補給して食欲を抑えたいですね。

投稿日:2017年6月2日 更新日:

バイキング 写真AC

秋になり気温が落ち着いてくると、ランニングやウォーキングといった外で行う運動がやりやすくなって来ます。

ダイエットのために心拍数が高めになるように運動をすると、しっかり体も温まり、汗も大量にかきます。その反動かお腹も空くため、秋の味覚をついつい食べ過ぎてしまうという方も多いかと思います。

しかし、中には食べても食べてもお腹が空いてしまったり、食後2〜3時間ほどで再び空腹になってしまう方がいます。

この記事では、食欲が増えてしまう原因やオススメの対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク
  

運動や汗で失われてしまう栄養

「運動の秋」たくさん走って、たくさん歩いて、たくさん運動していっぱい汗をかくと、達成感や疲労感も多く、とても痩せそうですよね。

しかし、これらの有酸素運動だけでは、筋肉量が必要最低限の量に減っていってしまい、結果的に基礎代謝が下がり、太りやすい体になってしまいます。

筋トレについては、こちらの過去記事にて紹介していますので、よければご覧下さいませ。 
『過去記事』太りやすくなる?!秋に運動をする前に見てほしい注意点

基本的に有酸素運動では体を温めた状態を長時間続けるため、大量の汗をかき、全体として多くのエネルギーを消費します。

汗で失ってしまう栄養素は、主に水溶性ビタミンとミネラルです。特に不足してしまいやすいものと、不足することで起こる悪影響を以下に記します。

【汗で失われる栄養と悪影響】
水溶性ビタミン
 ビタミンB   食欲不振、疲労感、倦怠感、口内炎
 ビタミンC   免疫力の低下、疲れやすい
 葉酸      貧血

ミネラル
 ナトリウム  筋肉の痙攣、嘔吐、下痢
 マグネシウム 骨粗鬆症、糖尿病、心疾患
 カリウム   血圧の上昇
 カルシウム  骨粗鬆症、イライラしやすくなる
 鉄      貧血、疲れやすくなる
 亜鉛     味覚障害、免疫力の低下

これらにプラスして、運動で傷ついた体の細胞を再生するためのアミノ酸(タンパク質)などの栄養素を体は必要としています。

しかしながら、運動を頑張った自分へのご褒美と、スイーツを毎日のように食べてしまうと、恐ろしいことになってしまいます。

スポンサーリンク

糖質はエネルギーとして有名ですが、糖質をエネルギーとして代謝するためには、汗でも流れて失われてしまう「ビタミンB1」と「カルシウム」が必要なのです。

すると、一部の栄養素が補給されないため、食べても食べても空腹が満たされなかったり、血糖値の上昇下降が落ち着くと再びお腹が空いてしまいます。

運動や汗で失う栄養を補給するには?

運動で失われた栄養素を補給するには、だいたいこんな感じになります。
・水溶性のビタミン
・水溶性のミネラル
・強度の高い運動で破壊された組織を再生するためのタンパク質

しかし、なぜこれらを補給できる食べ物よりも、このビタミンやミネラルを失ってしまう甘いスイーツを食べたくなってしまうのか?多くの学者がこの問題を解くために苦戦しています。

私は一つ仮説があり「血糖値の急激な上昇」の刺激を、脳が強く記憶していたり、求めたりするからだと考えています。

人間の脳の中でも、前頭葉という部位は最も外側にあり、人類の歴史的に比較的新しいものでもあります。これは、前頭葉は強い思考力を持つ反面、エネルギーの消費量が大きいため、主食やサトウキビが安定供給されて糖質の摂取が容易になったことが、脳の成長に影響しているためです。

脳を持たないような生き物は、胃や腸のような消化器官によって、食欲などを判断しているのですが、実は人間にもこの能力があります。感覚が正しい状態ですと、必要な栄養素ほど美味しく感じられるようになります。

しかし、消化器官よりも前頭葉の方が影響力を持っている場合には、砂糖の圧倒的な消化吸収の速さと、その急激な血糖値上昇による血圧やインスリンなどのホルモンバランスの変化の刺激から「すぐに吸収できる高エネルギー食」として覚え、求めるようになります。

その後の代謝によるビタミンB1やカルシウムの消費については、時間感覚があるため脳は気が付きません。とにかく、脳にとっては甘いスイーツは「とても吸収が早い高エネルギー食」というイメージになるのです。

消化器官が食べ物の判断をしている人の場合には、一度食べてから次に食べるまでの期間での栄養変化をなんとなく判断するようで、その後の代謝による栄養消費についても計算して、食べ物の栄養を覚えてくれます。これにより、正常な感覚を持つ人は必要のないスイーツは食べたがりません。

急に体質を変えることは難しく、無理に行うと強いストレスを受けてしまいます。徐々に甘いものの量を減らしていったり、甘いものを食べる回数を減らすようにすると良いでしょう。

秋に欲しい栄養の食材

秋に食べたい食材は、ビタミンやミネラル、さらにタンパク質をバランスよく含んでいる食材です。

オススメは秋に旬を迎えている食材を中心に、魚や貝などの魚介類や、農作物や肉なども摂るようにするといいでしょう。

特に秋刀魚や鮭は、ビタミンやミネラル、体内で固まりにくく質の良い脂などが含まれていてオススメです。他にも、シジミなどの貝類もビタミンやミネラルが豊富なためオススメです。

他にも、栗や柿、サツマイモや新米などの主食類なども美味しいです。しかし、これらの食べ物は食べ過ぎてしまうと糖質の過剰摂取を招いてしまうため、摂取量に気をつけるようにしましょう。

まとめ

運動の秋に甘いものを食べ過ぎてしまうと、食欲が止まれなくなる原因になってしまいます。

甘いものや主食類はほどほどに、秋刀魚や鮭、旬の野菜などを中心に、栄養のたっぷり含まれたものを食べるように心掛けましょう。

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

にんじんピーマンパプリカの収穫 写真AC

乾燥肌のかゆみは肉が原因かも!?おすすめの食べ物は?

スポンサーリンク 乾燥肌などの肌荒れの治療で大切なのは2つです。 ・肌を作るための栄養補給 ・適切な肌ケア 肌ケアだけをいくら頑張っても、肌が再生するための栄養が足りなければ肌は回復できません。さらに …

筋トレする女性 写真AC

こんな筈では無かった!筋トレ初心者にありがちな誤解とは?

スポンサーリンク ダイエットのために有酸素運動は、痩せるけれど筋肉まで分解されていき、基礎代謝が低下するため次第に痩せにくくなっていきます。 ということで「筋トレをしなくては!」と学校などでかじった程 …

カップケーキ27 写真AC acworksさん

甘いものの食べ過ぎは疲れ、怠さ、吐き気などの症状が!?

スポンサーリンク 甘いスイーツは種類がたくさんあって、ついつい食べ過ぎてしまうこともありますね。 美味しくて、種類も豊富で、食べ飽きることが少なく、いくらでも食べることができそうです(笑) しかし、甘 …

くしゃみをする女性 提供サイト:写真AC クリエイター:buriさん

風邪は汗が冷えると引いてしまう!?オススメの予防法を紹介

スポンサーリンク 秋になると夜風が冷たくなってきますね。 しかし、昼間の日差しはまだまだ暑い日もあって、汗ばむこともよくあります。 この汗と秋の陽気が相まって、ついつい風邪を引いてしまう方が多くなりま …

アイスキャンディー 写真AC akizou

その日焼けや夏バテの原因は食べ物かもしれません!!

スポンサーリンク 夏といえば「夏バテ」や「日焼け」を予防しようと塩飴を持ち歩いたり、ビタミン補給にフルーツを食べたりと、色々と努力している方も大勢いると思います。 それなのにも関わらず、いざ夏になって …