うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

健康

医者や薬で病気が治らない理由とは?患者と医者の関係について

投稿日:

お医者様の診察 提供:写真AC

肌荒れで、病気で病院に通っているのに、なかなか症状が良くならないことがあります。

「お医者様は病気を治すのが仕事でしょ!」

といったように、病気で辛いときには、どうしてもお医者様に八つ当たりするような感じになってしまうこともありますね。

しかしながら、病気が辛いのも、病気になってしまったのも原因はお医者様ではありません。かといって、先生!先生!とお医者様を崇め奉っても病気が治るわけでもありません。

病気や肌荒れなどを治すために重要なことも、この病院やお医者様への考え方にあります。

この記事では、お医者様や病院に行くとき、治療がうまくいかないときに覚えておいてほしい話についてお伝えしていきます。

【目次】
1章:医者が病気を治せない理由とは?
2章:薬で病気が治らない原因とは?
3章:患者と医者の良好な関係を築くには?

スポンサーリンク
  

医者が病気を治せない理由とは?

私は子供の頃に酷いアトピー性皮膚炎で、毎週のように病院に行き、最終的には100以上の病院を見てまわりました。

私もそうだったのですが、病気が治らないときに、お医者様や看護師さんに当たり散らしてしまう人には、とある誤解があります。

そもそもお医者様とは、どういう職業なのか?

「病気を治す人」
「薬を作ったり出したりする人」

こういった考え方は間違いです。そして、この誤った認識でいることが、病気を治らなくさせる要因でもあります。

お医者様や薬で「病気が治る」と思っていると、治らないときに「あの薬が悪い」「あの医者が悪い」という感情になりますよね。

しかし、よく考えてみてください。

あなたが病気になったのはお医者様のせいでしょうか?薬のせいでしょうか?

違いますよね。

病気になったのはあなた自身やあなたの周りが原因ではありませんか?

お医者様とは

基本的にお医者様というものは「薬について詳しい人」です。(さらに、一部のお医者様は手術もできますね。)

薬のメリットやデメリットなどの特徴、どういう症状にどの薬が適しているか、こういった薬の知識に精通しています。

お医者様は神様ではないので、あなたが病気になった理由は予想するしかありません。

あなた自身が「こんな風に痛い」とか「こういうことをしていたのが原因かも」とヒントを出して、お医者様は正解を予想し、その病気に適していそうな薬を出します。

スポンサーリンク

これだけでも難しそうですが、特に注意したいのは患者が出したヒントが的外れだったり、大事なヒントが言われなかったりすることです。

薬についての知識は持っていても、お医者様は探偵ではないので、正しいヒントをもらえなければ、どの薬を出せばいいのか悩んでしまいます。

こんなやりとりがあったとします、、、

【お医者様の頭の中】

2択までは絞れた、確率の高い方を出しておこう、「また来週きてください」

ハズレだったようだ「今度はこちらのお薬を出しておきます」

またハズレだった「少し質問をさせていただきますね」

私たちは何度も病院へ足を運んでいるのに、病気が治らなくてイライラしてしまいます。しかし、お医者様もまたヒントのない無理難題を突きつけられて大変だったりします。

お医者様に病気を治してもらうときに大切なことは3つあります。

・私たちが正しいヒントを出せるように、病気の原因を考える
・お医者様が薬に詳しそうかどうか?
・お医者様が金儲けではなく病気を治すために働いているか?

薬で病気が治らない原因とは?

次は「薬」についての誤解を紹介していきます。

薬は「飲めば病気が治る」というものではありません。

主に薬は2つに分けられます。
・栄養バランスを補ってくれるもの
・ホルモンバランスを整えるもの

前者は食事の偏りなどに原因があるときに多く、足りない栄養素を補ったり、多過ぎる栄養素の排出を助けたりするものです。

後者は生活習慣やストレスが原因のときや、病気の症状によるものです。風邪を引いて熱が出ているときなどに、ホルモンバランスを調整して熱を下げたりします。

風邪の病原菌が体内に侵入し増殖を始めると、体は風邪菌を倒すために発熱や鼻水、くしゃみをします。戦いが激しく、これらの症状が酷くて辛いときには、生活に支障が出てしまうため、薬で熱を下げるのです。これは風邪が長引いてしまうデメリットがあります。

肌でいえば、肌を再生させるためのホルモンを摂取して、肌の新陳代謝を高めて治りを早くすることもあります。こちらにも、長期間の使用による様々なデメリットがあります。

基本的に薬は、栄養バランスやホルモンバランスを整えるものです。

ただし、どんなものにもメリットとともにデメリットがあります。使い続けていると、今度はデメリットに悩まされてしまうのです。

本来の原因である、食事の栄養素の偏りや、生活習慣やストレスによるホルモンの乱れを直していくことが、何より重要です。

患者と医者の良好な関係を築くには?

食事の偏り、生活習慣やストレスのように自分の生活に原因があるのに、薬だけで治そうとすると、原因がそのままになっているため必ずぶり返します。季節の病気などは、毎年のように決まった時期に病気にかかったりします。

病気の症状は体からのサインだったりすることも多く、薬で症状を押さえ込んで無理な生活を続けていると、重い病気に発展してしまうこともあります。

「薬をもらって、飲んで、おしまい。」ではなくて、しっかりと原因を考えて、生活習慣から改善していくことが大切です。

お医者様や薬は、あくまでも補助です。

お医者様から教えてもらったりしながら、あなた自身がその病気の専門家になることが大切です。

まとめ

「お医者様」は薬に詳しい人です。

「薬」は栄養バランスやホルモンバランスを調整するものです。

ほとんどの病気の原因は、食事や生活などの崩れが原因です。薬で症状が落ちついても、これらの原因が改善されなければ、ぶり返してしまいます。

お医者様や薬に頼りっきりにはならないで、ともに生活を改善させていくことが大切です。

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ブルーオーシャン (画像元)写真AC (撮影者)青江

その数30個以上?!驚くべき炭酸風呂の効果や効能とは?

スポンサーリンク 炭酸風呂というものをご存知ですか? 数年前からメディアにも取り上げられたりして有名なようですね。 時々利用している「竜泉寺の湯」という浴場にも、この炭酸風呂があるのですが、効能につい …

くしゃみをする女性 提供サイト:写真AC クリエイター:buriさん

風邪は汗が冷えると引いてしまう!?オススメの予防法を紹介

スポンサーリンク 秋になると夜風が冷たくなってきますね。 しかし、昼間の日差しはまだまだ暑い日もあって、汗ばむこともよくあります。 この汗と秋の陽気が相まって、ついつい風邪を引いてしまう方が多くなりま …

ブルーオーシャン (画像元)写真AC (撮影者)青江

日焼けのお風呂ケアは入浴後の保湿が大切!理由と方法を紹介します。

スポンサーリンク 海で遊んだり、運動会や体育祭、外での庭仕事など、 外に長時間いると日焼けしてしまいますよね。 普段から外にいるのなら問題ないですが、 たまに外に出る人は酷い日焼けになってしまいます。 …

実は夏こそ温泉がオススメ?!山地の湯元が快適なワケとは?

スポンサーリンク 梅雨や夏のジメジメした暑さで、 私たちの体は知らず知らずのうちに疲労しています。 夏休みや、お盆の時期合わせて、 海に行こうか?山に行こうか?と 旅行の計画を立てるのが楽しいですが、 …

牛乳 提供:写真AC クリエイター:ガイムさん

乳酸菌がお腹を壊す!?腸内を整える食べ物について

スポンサーリンク お腹に良いといわれている乳酸菌。 そんな乳酸菌の含まれている牛乳やヨーグルトをたくさん摂っているのに、お腹の調子が崩れて下してしまったり、ゆるくなってしまった経験はありませんか? ど …