うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

季節のイベント

ハロウィンに変装をする由来とは?日本のお盆との共通点とは?

投稿日:2017年7月31日 更新日:

にんじんピーマンパプリカの収穫 写真AC

秋のお祭りといえば「ハロウィン」ですね。

私が子供の頃には、世間に全く知られていないマイナーなものだったのに、いつの間にか国民的行事になっていてびっくりです(笑)

30代前後やそれ以上の年齢の人には、同じような思いの人が多いのではないでしょうか?

そんなハロウィンの由来を、みなさまはご存知でしょうか?

「コスプレして楽しむ日?」
「お菓子をいっぱい食べる日?」

いえいえ違いますよ。

この記事では、ハロウィンの由来について紹介していきます。さらに、日本との共通点についても紹介していこうと思います。

【目次】
1章:ハロウィンに変装をする由来やかぼちゃがモチーフの理由は?
2章:お盆とハロウィンには共通点がいっぱい
3章:特に子供はハロウィンやお祭りは楽しむべき

スポンサーリンク
  

ハロウィンに変装をする由来やかぼちゃがモチーフの理由は?

ハロウィン(ハロウィーン)は秋の収穫祭で、悪霊を追い払う行事でもあります。子供達が魔女やお化けの仮装をしてお菓子を集めてまわるのは、悪霊に扮装して自分自身が拐われないようにする意味合いもあります。

ハロウィンの起源はケルト人のお祭りにあるといわれています。

ケルト人の1年の始まりは冬のおとずれと同じ11月1日です。この時期には霊界の門が開き悪霊たちがあの世とこの世を自由に行き来できると信じられてきました。そして悪霊や魔女がやってきて、食べ物や子供たちをさらっていくとも伝えられてきました。

そこで、10月31日には作物や動物を捧げものとし、儀式をおこなうようになりました。この儀式の聖なる焚き火の炎を各家庭で持ち帰り、暖炉などに移して暖をとることで、悪霊から守られるのです。

この儀式では悪霊を祓うために捧げ物をするとともに、作物の収穫を祝います。そのため、子供たちは悪霊に扮装して儀式に参加していました。

これがハロウィンに変装をする由来です。

有名なハロウィンの飾りで、かぼちゃをくりぬいて顔を描くジャック・オー・ランタンは、かぼちゃに似たお化けのイメージで、悪霊を怖がらせて追い払うといわれています。

かぼちゃはこの時期にとれる作物なので、食べたり捧げものにするついでに、余ってしまう皮を使った飾りものまでできたのでしょう。

お盆とハロウィンには共通点がいっぱい

ハロウィンをまとめると
・収穫祭
・悪霊をおい祓う
・子供たちは悪霊に変装する

スポンサーリンク

実はこれ、日本のお盆とそっくりなのです。

日本のお盆の由来については、これらの記事に詳しく紹介しているので、よければご覧くださいませ。
『過去記事1』実は日本のお盆の起源は仏教ではなく神道にあった?
『過去記事2』お盆に盆踊りを踊る由来や意味とは?実はお盆は世界共通?
『過去記事3』アメリカのお盆はハロウィン?どちらも収穫を感謝するお祭り?

お盆の起源であるインドと、日本では盆踊りの意味が全く異なるのです。

インドのお盆では、地獄の釜から解放されて極楽浄土へと旅立てる「祖先の霊の喜び」を躍りで表現しています。

日本の盆踊りは、祖先の霊とともに悪霊までやってくるので、お面で顔を隠して盆踊りを踊ることでとり憑かれたり連れて行かれないようにしているのです。

インドと日本では亡くなったかたの埋葬の仕方も異なりますし、結構色々なことが違うのです。

日本のお盆のもとになっているのは、日本古来の神道の儀式です。

日本の気候ではお盆と同時期に作物が収穫が終わります。この時期にはもともと収穫祭があって、神様への捧げものや、神様にご降臨していただくための歌や踊りが行われていました。

このお祭りとお盆の儀式が時代とともに合わさっていったのでしょう。

収穫祭と悪霊を追い払うという点では、日本のお盆はハロウィンに酷似しているかもしれませんね。

特に子供はハロウィンやお祭りは楽しむべき

日本の幽霊についての話で、楽しそうにしているところに集まってくるとか、暗く澱んだところに集まってくるという話があります。同じような気のところに集まってくるのです。

日本の神道では、土地にはその土地の気があって、神社などはその気が強いところに建てられています。

鳥居があるところには強い気があるので「注意してくぐりましょう」とか「安易に踏み込まないように」という意味合いがあります。

その気の中心が「ご神体」です。そして、本当のご神体は社の奥の神域に収められています。

これらの気は、人の気を持ち上げてくれたり、落ち着けてくれたりするのですが注意しなければなりません。

気分が持ち上げられすぎれば「負ける気がしない」「何でもできそうな気がする」と無謀なことをするようになります。

気分が落ちすぎてしまうと「もうダメだ」「何もかもうまくいく気がしない」と悲観的になってしまいます。

日本の神様が良いものだけではないといわれているのはこのためです。

少し長々と「気」の話をしてきましたが、実は神域の気だけではなくて、すべてのものや人に「気」は存在し、それぞれ影響し合っています。

例えば、やる気のある人とともに行動していると自然とやる気が湧いてくるとか、楽しそうなところにいれば楽しい気持ちになるのも、まわりの「気」に影響されているためです。

昔の時代では、収穫祭の食べ物を奪おうとする他の民族や野生動物がやってきたはずです。

しかし、楽しく祭りをすることで、悪い考えを楽しい気持ちに変えていたのかもしれません。

お祭りで盛り上がることは自分たちが楽しくなるだけではなくて、まわりの人の気持ちまで明るくしてくれるのです。

ずばり「楽しんだもの勝ち」ですね(笑)

まとめ

ハロウィンは
・収穫祭
・悪霊をおい祓う
・子供たちは悪霊に変装する

ちなみに、同時期に収穫されるかぼちゃは、捧げものなどに使われるため、余ったかぼちゃの皮がオブジェや変装にも利用されて、モチーフになりました。

収穫祭で悪霊退散のところは、ハロウィンと日本のお盆は似ています。

楽しくお祭りして、悪霊をはね除けたいですね! 

スポンサーリンク

-季節のイベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

七夕飾りと笹竹

七夕の由来とは?名前や願い事をするワケを紹介します。

スポンサーリンク 「どうして七夕にお願い事をするの?」 とある生徒が私に聞いてきた質問です。 咄嗟に聞かれると困ってしまいますよね(笑) その時は「織姫様の星と彦星様の星が7月7日に会えるから、 晴れ …

梅雨に汗が止まらなくなる原因と対処法を紹介します!

スポンサーリンク なかなか雨の止まない梅雨の時期。 少し着込み過ぎると蒸し暑くなってしまい、 薄着過ぎると肌寒くなってしまいますよね。 特に汗っかきの人は 手に小さな水ぶくれがいくつもできてしまったり …

京都祇園祭の由来とは?夏に行われる理由とは?

スポンサーリンク 夏といえばお祭りですね。 日本3大祭のといえば、 京都の祇園祭(ぎおんまつり)、 大阪の天神祭(てんじんまつり)、 もう一つは、地方により色々言われていますが、 東京の神田祭(かんだ …

盆踊り 写真AC

浴衣で汗をかかないための対策とは?下着を着ないのは昔の話です!

スポンサーリンク 夏のお祭りや花火大会、旅館の宿泊などで 浴衣を着る機会があります。 せっかくの浴衣ですが、 夏の暑さによりどうしても汗をかいてしまいます。 普段の服とは違うため、 汗の対処に悩む人も …

喉の痛み、梅雨の時期にも乾燥が原因?理由と対処法を紹介します。

春の暖かい陽気も束の間、 ジメジメと湿気ている梅雨。 スポンサーリンク 湿気で潤っている筈なのに 何故か喉に痛みが出てしまう人が 意外にも結構いるのをご存知でしょうか? この喉の痛みには意外な原因があ …