うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

ダイエット

身体がだるいときの運動はダイエットに逆効果だった?!

投稿日:2017年8月2日 更新日:

バテ気味のレッサーパンダ 提供:写真AC

秋の季節、だんだんと寒くなっていく日々に「最近なんだか疲れ気味で」という相談を数多く受けたことをよく覚えています

多くの方が「食欲の秋で太りやすいからダイエットを頑張らなくちゃ!」と努力していたのですが、痩せられなかったり、ダイエットのモチベーションが下がってしまって、相談をされる感じですね。

ダイエットの秋ともいわれていますが、この秋は意外とダイエットが難しい季節でもあります。

この記事では、秋のダイエットの特徴と注意点などについて紹介していきます。

【目次】
1章:ダイエットは季節によって効果が変わる?!
2章:身体がだるいときには運動が逆効果かも?
3章:身体がだるいときにおすすめの運動

スポンサーリンク
  

ダイエットは季節によって効果が変わる?!

それぞれの季節には特徴があります。

夏は気温が高くて体温も上がりやすく、脂肪を減らして痩せやすい季節です。しかし、暑くてバテやすいといったデメリットもあります。

冬は気温が下がるため、体温を上げるためにエネルギーを消費するので痩せやすいと思われていますが、体温が上がりにくいため筋肉が分解されてしまいやすい季節です。それだけではなくて、寒さへの対策のために身体が脂肪をため込みやすい季節でもあります。

春と秋には気温がちょうど良さそうですよね。

たしかに、気持ちの良い気温の日がおおく運動日和なのですが、不思議とやる気がなくなりやすい季節なのです。

実は、このやる気やだるさも、春と秋の特徴だったのです!

春と秋の疲れやすさの原因

季節の変わり目というのは日々気温が変化しています。

人間の体は、激しい気温の変化にも無意識のうちに順応してくれますが、これらの温度変化に合わせることは体にとって大きな負担なのです。

例えば、暑くなれば汗をかきますし、寒くなると震えてしまいますよね。

体を冷やすためには、汗をかいて水分の蒸発によって体を冷やすのが効果的ですが、汗をかくときに水分だけでなくビタミンやミネラルまで失われます。

体を温めるためには、筋肉を動かして熱を生み出すことが効果的ですが、熱を生み出すためにはエネルギーが必要です。このエネルギー源として体内に蓄えていたグリコーゲンなどの栄養が消費されてしまいます。

スポンサーリンク

そして、こういったときには空腹になりやすく、ついつい間食してしまいがちなのですが、つまみやすいお菓子などは糖質や脂質ばかりに偏っていて、失ってしまった栄養を補いきれないのです。

ダイエットのために食事を減らしていたりすれば、なおさら栄養不足でだるくなったりするのです。

身体がだるいときには運動が逆効果かも?

栄養不足のときに、無理をすることはおすすめしません。

こういう時に無理してトレーニングすると、すぐ風邪をひいたりして、ダイエットにマイナスになることもあります。

「風邪をひくと痩せるじゃん」

と思っている人は、こちらの記事をご覧くださいませ。
『過去記事』ダイエット中に風邪をひいてリバウンド。どうして太るのか?

簡単に説明すると、風邪をひいたときに痩せる理由は、ほぼ筋肉が減っているからです。

筋肉が減ってしまえば基礎代謝が下がってしまうため、太りやすい体質になってしまうので気をつけましょう。

「季節関係なく運動や筋トレしている人はどうなの?」

運動選手やトレーニング習慣のある人は、一般人から見れば、毎日無理をして頑張っているように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

基本的にトレーニング上級者は無理をしているように見えても、必要な栄養素はきちんと摂っていますし、コンディションに合わせて運動レベルも調整しています。

みんなもこういった調整ができれば良いのですが、体の不調などのサインから必要な栄養素を理解したり、運動を手抜きにならないようにうまく調整するのは至難の技です。

下手にとり入れると、栄養をとり過ぎて太ったり、効果のない運動になってしまったりします。

軽いジョギングなどの有酸素運動を5分10分して体を温めてみて、それでも調子が良くなければ、しっかり休んだほうが良いでしょう。

カロリーだけが多いものは控えて、肉や野菜などを中心に栄養豊富なものを、よく噛んで食べるようにすると良いでしょう。

身体がだるいときにおすすめの運動

コンディションが良くないときには、無理をして運動すべきではありません。

しかし運動初心者の人は、数日休むと、すぐにフォームなどのコツを忘れてしまったりします。

そこでおすすめしたいのは「イメトレ(イメージトレーニング)」です。

寝たままでも座ったままでもいいので、頭の先から足や指の先まで、力の入り方や体重のかかり方を細かくイメージすると、実際に運動するのと同様の経験を得られるといわれています。

さらに、細かなイメージによる微弱な筋肉刺激や、脳が運動の刺激を誤解するからか、詳しい理由はわかりませんが、イメトレによって筋肉がついたり筋肉の分解を防ぐ効果もあります。

他にも、買い物を楽しんだり、カラオケやボーリングで遊んだり、楽しみながら体を動かせるものもおすすめです。

歩いたりすることは軽い有酸素運動になるため血行が促進されます。すると栄養や酸素が細胞に届けられやすくなるため、疲労感やだるさが和らぎ、やる気がでやすくなります。

買い食いには注意して、気分転換に思いっきり楽しんでしまうのも、ときには有効なのです。

まとめ

秋や春は、四季の変わり目で疲れやすい季節です。

こういった時期に無理にダイエットをしても、かえってリバウンドに繋がってしまいます。

食べ物に注意をして、それでも疲れを感じるのなら、気分転換をするのも効果的です。繰り返しますが、糖質や脂質をとり過ぎるような食べ物には気をつけましょう。

スポンサーリンク

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ウェイト 写真AC suzie Yさん

ダイエットしても体質で痩せない?!その原因は肝臓や腎臓かも!?

スポンサーリンク ダイエットを成功させる秘訣は、綺麗な筋肉をつけることです。 筋肉はつき方によっては足が太く見える原因にもなりますが、筋肉がなければウエストのくびれや魅力的なボディライン、いつまでもハ …

筋肉を刺激するエクササイズ 提供:写真AC

筋肉よりも脂肪の大きさが上、見た目で痩せるには筋トレ!

スポンサーリンク 秋といえば「運動の秋」や「ダイエットの秋」と有酸素運動に励む方が多いです。 普段は全く運動をしない方が急にランニングなどの運動を初めると、膝や足首などを痛めてしまうことも多く「治療で …

お腹の脂肪 提供:写真AC

ダイエットの短期間で成果を出す方法とリバウンド対策

スポンサーリンク ダイエットの話題につきものなのはリバウンドです。 せっかくダイエットに成功してもリバウンドして元より太ってしまったり、 ダイエット時の運動や食事制限をずっと続けなくてはならないと思う …

ウェイト 写真AC suzie Yさん

運動でキレイな体型に変化させるには筋トレが最適だった!?

スポンサーリンク ダイエットを頑張っているのになかなか痩せていかない、痩せてほしくないところばかりが細くなっていく、といったように思うような体型にならない。 そんな悩みを抱えていませんか? 特に頑張っ …

たこ(食材) 写真AC mikimaruさん

ダイエットや夏バテ予防にオススメの食材タコの旬と栄養は?

スポンサーリンク タコ焼きにタコ刺しなど、夏によく食べられている美味しいタコ料理はたくさんあります。 タコはその風貌から海外では敬遠されることも多い食べ物ですが、日本では子供から大人まで国民的に親しま …