うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

豆知識やオススメ情報

フローリングにしたら布団が寒い。おすすめの寒さ対策は?

投稿日:2017年8月20日 更新日:

リビング 提供:写真AC クリエイター:カメラ兄さんさん

家をリフォームするついでに、部屋の床を畳からフローリングに変えたところ、とても大変なことになりました。

フローリングって埃やダニの心配がなく、掃き掃除だけで綺麗になりそうですし、とても清潔なイメージがありますよね。

私もこのイメージに惹かれてフローリングにした一人ですが、良いことだけではないということを思い知らされました。

フローリングの大変さは冬にあります。

何もない床では乾燥した埃が舞い上がりやすいのも大変なのですが、それよりも、床の冷たさが大変でした。

素足で部屋を歩くと冷たく、布団で寝るときには床の冷気が布団越しに伝わってくるのです。

このフローリングの冷たさは、夏には気持ちいいのですが、冬にはとてつもない問題となります。

この記事では、フローリングにおすすめの寒さ対策について紹介していきます。

【目次】
1章:フローリングにしたら布団が寒い!?
2章:冬にはフローリングの寒さ対策
3章:冬の寒さ対策で部屋におすすめなのは?

スポンサーリンク
  

フローリングにしたら布団が寒い!?

もともと和風な生活環境に身を置いていた人がフローリングで悩むものといえば布団ではないでしょうか?

フローリングは空気の温度を大きく反映するため、空気が冷たければとても冷たくなります。

上に座っていたり、ヒーターなどから熱を受けていれば適度に温まりますが、熱源がなくなると、周りの床や空気の冷たさでまたたく間に冷やされてしまうことでしょう。

フローリングに変える前の私は
・エアコンで部屋を暖める
・靴下やスリッパを履く
・布団などの上にいる

といったことで、フローリングの冷たさを何とかできると考えていましたが、考えが甘かったです。

エアコンから出てくる暖かい空気は、部屋の上の方に溜まります。しかし、部屋で最も冷たいのがフローリングの床になると、下の空気はフローリングに冷やされてますます床付近に、暖かい空気との温度差が広がり暖かい空気はますます上に留まります。

スポンサーリンク

このため、冬場にエアコンだけをつけても床付近はなかなか暖まらないのです。

「床が冷たければ、スリッパや靴下を履けば良いのでは?」

と考える人も多いことと思います。たしかに、数分や数時間程度ならば、私もこの方法で対応するのが良いと思います。

しかし、長い時間過ごす部屋の場合にはあまりおすすめできません。スリッパや靴下を脱いで足を解放して休みたいのに、部屋の床が寒いと休めないというだけではありませんよ。

冷たいのは床だけではなく、床付近の空気全体なので、スリッパや靴下を履いても足首やふくらはぎが冷えてしまうのです。

このせいで足回りの血行が悪くなるため、疲れやだるさが回復しにくくなるのです

そして極めつけは、布団で寝ることです。

布団の上なら寒くないと思われがちですが、フローリングに布団という組み合わせは、かなり寒いです。

布団の上で寝ようとすると、身体の重みによって布団が床に押しつけられます。このため、床の冷たさが布団へ、さらには身体へと伝わってしまうのです。

ただ単に寒いだけならば、布団の枚数を増やしたりすることで防げば良いのですが、もう一つ問題があり、身体の温度と床の温度との差によって布団に結露が起こります。

そのため、気がつくと布団の床に面した部分がビショ濡れとなり、布団やフローリングにカビが生えてしまうことまであるのです。

冬にはフローリングの寒さ対策

部屋の寒さといえば床付近の冷気ですね。

厚手の靴下などを吐き続けることは、足首やふくらはぎを圧迫して血流を阻害することにもつながります。

そこで、厚手の「長ズボン」を履くことがおすすめです。

長ズボンと足の間に、暖かい空気を留めておけるため、床の寒さの影響されくくなります。靴下などのように足首やふくらはぎを圧迫することもないため、適度にゆったりとした長ズボンがおすすめです。

床にマットやカーペットを引くもの効果的です。

布団のように重ねたりせず、座るほうが寝るよりも面積も狭いため、マットやカーペットはカビたりする心配はあまりありません。

こたつもヒーターの効果によって乾いてくれるため、カビの心配が少なくておすすめです。

冬の寒さ対策で部屋におすすめなのは?

フローリングの寒さ対策はここまでのもので、ほとんど完了でしょう。

しかし、寒さとともにカビ対策もしつつ、長時間居られるものとなると難しいですね。

マットなどの上でも、布団は結露を起こしてしまうことが多いです。

結露対策でおすすめしたいのは、ずばり「ベッド」です。

ベッドは床からの距離があり床付近の冷気もあまり気にならず、さらにスプリングの層が換気のためにも良いため、フローリングに最適です。

同様の理由からソファもおすすめです。

ベッドもソファも大きくて、捨てるのにも苦労するものです。粗悪なものでは背中やお尻が痛くなってしまうので、できることなら一生使えるようなしっかりとしたものを買ったほうが後悔しないでしょう。

まとめ

冬のフローリングは寒いです。

そのせいで、布団で寝ると冷えを感じることもありますし、床と身体の温度差による結露でカビなども心配です。

フローリングの寒さ対策には
・長ズボン
・マット
・カーペット

フローリングの寝具や長居する場所には
・ベッド
・ソファ
・こたつ

がおすすめです。

スポンサーリンク

-豆知識やオススメ情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

部屋干し 写真AC

洗濯物の部屋干しの臭いの4つの原因と7つの対策について

スポンサーリンク 夏本番になると熱帯夜が続き、夜にも大量の汗をかいてしまうので、洗濯物の量がものすごいことになってしまいますね。 昔から洗濯物の夜干しは不幸を招くと言われていて、仕方なく室内に干してみ …

洗濯物 写真AC

夏に夜干しした洗濯物に虫の卵?!増殖する布食い虫の恐怖。

スポンサーリンク 夏になり温かくなってくると、汗をたくさんかいたり、衣替えをしたりして、洗濯物の量が増えてしまいますよね。気温が高いので夜に干しても乾いたりするため、夏場には夜干しも行なっている人も結 …

カップケーキ27 写真AC acworksさん

子供の落ち着きがない原因は食べ物のせいだった?!

スポンサーリンク どんなに躾けようとしても、ちっとも落ち着かない子供っていますよね。 その反対に、何も言わずとも落ち着いているというか、妙に冷めているというか、覇気のない子供もいますよね。 何も子供に …

日焼けをお風呂でケアするには?オススメの入浴法を紹介します。

スポンサーリンク 夏は楽しいイベントが沢山ありますね。 海や川、プールなど、肌を露出するものも多いです。 泳いだり遊んだりすることに夢中で 時間を忘れるように楽しんでいると 照りつけるような日差しによ …

鎌倉を散策して良かったオススメのお店を紹介します。

スポンサーリンク 鎌倉には茶屋も和物のお店も沢山あり過ぎて、 どこに行くか悩んでしまいますよね。 先日、神社を巡ってきたときに、 色々なお店にも立ち寄ったので、 個人的に良かったお店をいくつか紹介して …