うちの豆知識

この健康や筋トレについて有益な情報を載せていきます。その他、良いと思った物を紹介していきます。

季節のイベント

梅雨に汗が止まらなくなる原因と対処法を紹介します!

投稿日:2017年3月13日 更新日:

なかなか雨の止まない梅雨の時期。

少し着込み過ぎると蒸し暑くなってしまい、
薄着過ぎると肌寒くなってしまいますよね。

特に汗っかきの人は

手に小さな水ぶくれがいくつもできてしまったり、
汗がなかなか止まらなくなってしまったりと

大変なことがあると思います。

この記事では、

手にブツブツとできる小さな水ぶくれの正体や、
汗が止まらなくなる原因や対処法について紹介します。

スポンサーリンク
  

梅雨に汗が止まらなくなる原因とは?

梅雨の時期や、夏になると、

手や指に細かい水ぶくれのような
ブツブツができることはありませんか?

実は梅雨に汗が止まらなくなることと、
この手のブツブツには関連性があります。

まずは、手のブツブツから説明していきましょう。

この手のブツブツの正体は
ほとんどが「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」です。

この他に汗疱(かんぽう)とか
発汗異常性湿疹(はっかんいじょうせいしっしん)
という風に呼ばれることもあるようです。

異汗性湿疹とは、
汗っかきの手の平、足の裏、手足の指などに出来てしまう
細かい水ぶくれのようなブツブツのことです。

手や足にできる「汗疹(あせも)」のようなものです。

手足の皮膚は厚いため、汗管の長さも長く螺旋状になっているので、
汗が表面に出ずに汗管の中に溜まりやすいのです。

溜まった汗は、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出してしまい、
水ぶくれが生じたり、炎症を起こしたり、痒みを伴う赤いブツブツが
出来てしまったりもします。

この炎症が体のあちこちで発生してしまうと、
体が熱を持ってしまい汗が止まらなくなってしまいます。

ちなみに、

この異汗性湿疹は発汗の多い夏や、梅雨の時期になりやすいです。
人によっては強い痒みが出ることもあります。

最初は細かい水ぶくれですが、
掻きむしったりせずに順調に回復していけば、
2週間くらいで薄いかさぶたのようになって治ります。

梅雨の汗は異汗性湿疹のせい?治し方は?

異汗性湿疹になってしまうと、

気になって手を必要以上に洗い過ぎてしまったり、
水ぶくれを潰そうとしてしまいがちですが、
肌が荒れてしまいますから良くありません。

基本的にはスキンケアを心がけるのが大切です。

結構良くある間違いは

「保湿をした方が早く治る」と思い、
クリームを塗ったりラップを巻いたりする方法ですが

梅雨の時期には大間違いです。

傷や怪我ならば、保湿が有効なのですが、

スポンサーリンク

今回の湿疹の場合には、
汗をかいたときにキチンと拭き取らなかったり、
湿った服を着続けてしまったことにより、

汗管が詰まり、溜まった汗が漏れ出たことが原因なので

保湿によって汗が乾きにくくなったり、
出てきた汗を拭かなかったりすることは

さらに症状を悪化させてしまいます。

梅雨の時期には、
適度に皮膚を乾かすように意識すると良いでしょう。

他にも、

シャワーでは肌にストレスを与えてしまいますから
できることなら体温〜プラス2度くらいの湯船に浸かる。

炎症が起きてしまっていると、
体温の上昇に伴い、炎症が熱を持ってしまうので
必要に応じてアイシングをすること。

炎症中は汗が止まらなくて「濡れた服でもいいや」
となりがちですが、さらに炎症が酷くなってしまうので、
キチンと着替えること。

ちなみに、私がこの症状で困っていたときには、
毎日6着ほどTシャツを着替えていました。
梅雨なのもあって洗濯が大変でした(笑)

そして、最も大切なスキンケアは食事です。
細かい話をしてしまうと、いくつもあり過ぎて
話が終わらなくなってしまうので、

1つだけ気をつけて頂きたいことは、
腹8分目を心がけることです。

食べ過ぎてしまうと、
体はエネルギーが余ってしまい
体温を上げて熱エネルギーを出します。

この体温の余分な上昇が炎症と相まって、
体温が上がり過ぎてしまうと、
汗が止め処なく溢れてきてしまいます。

梅雨のストレス、
手のブツブツのストレス

大食いで解消すると、
さらなるストレスになるので
グッと堪えるようにして下さい。

(経験談です 笑)

梅雨の汗を止めるためには?

先ほどの章でも紹介したように、
梅雨の汗を治すためには基本的にスキンケアです。

炎症で汗が溢れてくるときは、
30分くらい放っておくと
炎症反応が落ち着いてくるので

その後、服を着替えるようにしましょう。

前置きが長くなりましたが、この章では、
私が行っていた汗をかきにくくする方法を紹介します。

・扇風機
・汗拭きシート
・制汗スプレー

【扇風機】
やはり風を受けると冷やされますね。
「扇子」や「うちわ」では手の熱に対応しにくいので
「扇風機」の方がオススメですね。

体全体に受け続けていると、梅雨の湿気も相まって
全身の体温が下がり過ぎて風邪を引いてしまったり、
血流の悪化で治りが遅くなったりするためと注意が必要です。

【汗拭きシート】
私の使用していたのは
「GATSBYのフェイシャルペーパー」です。

拭いた直後はスースーして気持ち良いのですが、
その後火照ってしまい余計に汗をかいてしまうことも
多々あったのであまりオススメはしません。

爽快感が長持ちするタイプとかも
最近はあるかもしれませんので、お好みでどうぞ。

しかし、タオルが濡れてしまったときにも、
汗を処理できるため、持ち歩いていると
梅雨や夏場は結構安心ですよ。

【制汗スプレー】
私が使用していたのは
「Ag+ パウダースプレー せっけんの香り」です。

「8×4」も良かったのですが、
「Ag+」の方が効果が長持ちする感じと、

銀イオンによる除菌効果があり、
痒みが多少マシになった気がしたため、
こちらを使っていましたね。

「脇」や「太ももの内側」を
冷やすようにすると特に効果的でした。

さらにプラスで、汗をかきやすい部分に
あらかじめ制汗スプレーで念を押していました。

まとめ

この時期にあまりに酷くなってしまうと、

肌を出すのが嫌だったり、

病院で治療薬として出されるステロイドが、
日差しを受けてはいけないために、

せっかくの夏を
存分に楽しむことができなくなってしまいます。

梅雨のうちから、しっかり対策をして
素晴らしい夏を迎えたいですね。

スポンサーリンク

-季節のイベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お月見団子 写真AC APSさん

秋に月見をする理由、なぜ春ではないのか?団子が丸くないのは?

スポンサーリンク 秋の夜長といえば「お月見」ですね。 しかし、もともと1ヶ月というのは月の満ち欠けで数えていて、1年のうちに満月は10回以上あるワケです。 ということは、秋だけではなく、他の季節にも満 …

梅雨の布団の湿気対策は?その痒みにダニは関係ない?!

スポンサーリンク 連日の雨で空気自体に湿気が多く、 洗濯物や布団が干せない日々が続く「梅雨」 家の中に洗濯物を干してもなかなか乾かず 生乾きの匂いがしてしまったり、 毎日使う布団も湿気が溜まってしまい …

お祭りには意味がある。夏に多い理由とは?

スポンサーリンク 「お祭りって何でやるの?」 以前、塾で生徒から尋ねられたときに答えに困った質問です(笑) 夏休みになると各地で開かれているお祭りや花火大会。 これらの行事にはそれぞれ理由があります。 …

父の日のプレゼントに悩んだらコレを贈ろう!

スポンサーリンク 毎年やってくる父の日。 一緒に暮らしていれば日々の会話の中で 欲しいものとかを聞く機会がたくさんありますね。 しかしながら、別々に暮らしていたり、 仕事や趣味が忙しくすれ違いになって …

喉の痛み、梅雨の時期にも乾燥が原因?理由と対処法を紹介します。

春の暖かい陽気も束の間、 ジメジメと湿気ている梅雨。 スポンサーリンク 湿気で潤っている筈なのに 何故か喉に痛みが出てしまう人が 意外にも結構いるのをご存知でしょうか? この喉の痛みには意外な原因があ …